なるべく予算をかけずに引き出物を用意しました

私は大阪在住の23歳の新社会人ですが、大学生活最後の今年の3月に結婚式と結婚披露パーティーを行いました。


妻は同級生で、恥ずかしながらできちゃった婚でした。

大学を卒業して社会人として働き出したら同級生の友人達が集まるのは困難だと思い、なんとか3月に結婚披露パーティーを行ったのです。

会場は知り合いのレストランを貸し切り行いました。
私達夫婦が一番頭を悩ませたのが引き出物です。
まだ私達は学生だったこともあり、結婚式と結婚披露パーティー会場代に予算がかかり過ぎたために、なるべくお金をかけずに思い出に残る物がないかと探し回ったのです。

ネットで調べてみると、予算の少ない若夫婦では、引き出物がない場合もあるそうです。

しかしご祝儀を渡したのに何も貰えなかったら、参加者から陰口を叩かれるみたいなので、そういうわけにはいきません。



引き出物の平均額は約7700円ということなので、なんとかこれくらいの金額の物を用意したいと思いました。



そこで考えたのが神戸の有名なパティシエのロールケーキ2本セットに、結婚式の時に撮った写真にメッセージを入れて御礼状として添えることにしました。

ちなみにロールケーキはノーマルのものと抹茶のもののセットで、2本で2500円でした。

これに御礼状を印刷しても、一人あたり2700円ほどに抑えられたのです。


ロールケーキは結婚披露パーティー当日に焼き上がるので、朝一番に取りに行かなくてはなりませんでした。
1人2本で50セット注文したので、両親と私の3人がかりでレストランまで運ぶのに苦労しました。



その甲斐あって、参加者の方々に神戸の有名パティシエのロールケーキは大好評でした。