引き出物を何にするかで迷ったら

引き出物を何にするかで迷ったら

結婚式には、参列者の方々へ引き出物を贈ることが常識となっています。
参列してくれた人への感謝と労を労うことが目的とされているため、贈る側は品選びに苦労します。
昔は、結婚式の帰りに大きな荷物を提げている人を多く見かけました。



しかし、最近では、結婚式の来賓が大荷物を持ち帰ることは稀です。

大きな返礼品を受け取る代わりに、一冊のカタログだけを持ち帰るのです。

つまり、品物ではなくカタログギフトを貰うことになるのです。


この手のカタログギフトは、人気が高まっています。

これまでの引き出物と違って、大荷物となることはありません。

結婚式の帰りに重い荷物を持たないで済むのは有難いことでもあります。
さらに、カタログギフトでは、幅広い種類の品の中から好きな物を選ぶことができます。


結婚式で不要な記念品を貰ったということもなくなります。

ただ、結婚式の記念という色合いは薄れることになります。

中高年の人には、それが寂しいと言う人もいます。



自分が可愛がっていた親類や部下から受け取る返礼品には、結婚記念の文言が含まれていません。

普通のお中元やお歳暮のカタログギフトと変わらない品が届くのですから、それも無理がないことです。



しかし、今の若い世代の人には、カタログギフト形式の引き出物の方が好評です。

自分にとって不要な返礼品よりも、役に立つ品を貰うほうが有り難いのです。

カタログギフト形式の返礼品は、今後もシェアを伸ばすと予測されます。